交通至便なベッドタウン|スタイリッシュの家を建てるならデザイン住宅で依頼しよう

スタイリッシュの家を建てるならデザイン住宅で依頼しよう

積み木

交通至便なベッドタウン

室内

市内ほぼ全域が宅地

寝屋川市は、大阪府の北東部に位置する市です。面積は24.70平方キロメートルと小さいものの、居住人口は23万人を超え、2001年には特例市に移行しています。寝屋川は非常に住宅需要の高い地域です。大阪市の中心部から約15キロメートルと通勤・通学に便利であることから、市内のほぼ全域で宅地化が進んでいます。一戸建て住宅も新築・中古ともに豊富な売出件数を維持しています。寝屋川における新築一戸建て住宅の平均販売価格は、土地面積100平方メートルの物件で3,500万円程度です。間取りは3LDKから4LDKが中心です。注意が必要なのは、販売中または販売予定の新築一戸建ては、鉄道駅から比較的離れた物件が多いことです。駅からの平均所要時間は徒歩20分前後となります。

人気エリアは鉄道駅周辺

寝屋川では土地面積が50〜60平方メートル程度の比較的コンパクトな新築一戸建て物件もよく見受けられます。こちらは2,000万円台の前半でも購入可能で、駅から徒歩10分台の物件も少なくありません。新築一戸建ての販売は市のほぼ全域で行われていますが、件数が多いのは市役所などがある市の中心部と、北部の香里園地区です。中心部は小規模ながら比較的まとまった商業地区があり、日常の買い物等に便利です。一方、香里園地区は閑静な住宅街として高い人気があります。また最近は、市の東部を走る鉄道路線沿いの開発も活発化しています。鉄道と並行して有料道路も走っており、交通アクセスは良好です。新築一戸建ての価格水準は先に述べた2地域に比べると低めです。